カテゴリ:
美的2019 美容賢者が選ぶ2019年ベストコスメ乳液部門第1位!
新時代のスキンケア「プロディジー CEL グロウ」のシリーズから「プロディジー CELグロウ エッセンス エマルジョン」をご紹介いただきました。

 2020022701
 写真手前 プロディジー CELグロウ エッセンス エマルジョン
   
https://www.helenarubinstein.jp/?p_id=H10408

 100ml 55,000YEN(税込)
 50ml 36,300YEN(税込)
 そういえばヘレナからメールが来てました。4月から価格が変わるようです⇒
参考まで

こちら、偶然発売前にヘレナのカウンターで紹介していただいたのですが(1年以上前だねー)、
パンチのきいたお値段にビビりましたね。
あと、化粧品のレベルを上げると戻れなくなるのでは…。ともね。
ビビりですから。

したらばBAさんが、
「プロディジー CELグロウ エッセンス エマルジョンを使用する場合、化粧水にプラスしてこれ1本で大丈夫ですよ」と電卓をたたいて下さいました。
100mlで3~4か月もつそうなので(!)その間の乳液+美容液+クリームの価格を考えると、当時使用していた製品よりも実はお手頃で驚きました。

 「デパコスは値段を考えて買ってはならん」

と己に課していたわたくしですが、たまには値段を真剣に考える必要もあるな、と気付いたね。

そのときに「プロディジー CEL グロウシリーズを使った母と娘の比較テスト」も教えてもらいました。

 私の記憶が正しければ、、、
  30歳年の離れた母娘の比較
   母:プロディジー CEL グロウシリーズを使用
   娘:通常のスキンケア
  2か月後の肌状態⇒項目によって母が娘に迫ったり飛び越えたり!
 …とそんな感じでした。

手元に別の資料をいただいているのですが(14人のアジア人女性母娘を対象とした比較テスト)2か月間の変化は恐ろしいほどです。「うるおい」「輝き」「ハリ」「透明感」「明るさ」全ての項目で母はレベルを上げ、項目によっては娘を追い越すほど…!
(私の記憶はおおむね正しそうだ!)
当時は美容液を買いに出かけただけだったのでサンプルだけいただいて帰りましたが、約1年の時を経て、運命の再会です…!

 2020022702

淡いローズ色の柔らかいクリーム。
ヘレナは香りが特徴的なラインを愛用していたのですが、「プロディジー CEL グロウ」はほのかなホワイトフローラルの香りで使う人を選ばないと思います。

使用量は4プッシュ
2020022704
冬だからかな?固めのテクスチャーに見えますが、手のひらにのせると柔らかく伸びますし肌にもよく馴染みます。
 2020022703

もちろんプロディジー CEL グロウ」シリーズを語るのに「スプレム・エーデルワイス」有用成分の話は避けて通れないと思いますが(?)、難しい話は雑誌やオフィシャルサイトに譲るとして、

 とにかく強い花、エーデルワイス!
 エイジングケアの新たな領域へ…!

くらいを頭に入れておけばよろしいかと。
(あとはBAさんに聞こう!)

実際に使用してみると、化粧水の後にこれ1本というシンプルなスタイルがたいへん有難いです。
もちろん肌状態に応じてクリームの併用も推奨されるとのことでしたが(※最寄りカウンターのBAさんによる)物足りなさは感じません。
たまにクリームを塗ると「ママのお
顔、テカテカしてるね」と娘に指摘を受けるくらいです。(使用感とは無関係です)

 2020022705
 ファンデーションとライン使い
 ファンデーションにも美容成分がたくさん含まれているので、
 ファンデーションジプシーの方はぜひ♪

1か月後の肌が楽しみになる美容乳液です。



#ヘレナルビンスタイン #プロディジーCELグロウ