タグ

タグ:怪我

娘さんが救急車で運ばれた話 ~その2.翌日A病院再受診

カテゴリ:
娘さんのお見舞いにいただいた「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」のボンボンショコラ。
 2020053101
  2020053102
うわ、こんないいチョコ、バレンタインでもなかなか口にできないっすわ~
娘さんも「こんなにたくさん(ママと私だけで食べるのは)もったいないから、お友だち呼んで(ママたちはワイン飲みながら)みんなで食べたらいいじゃん!」と大興奮でした。
うん、モエ(ロゼ)冷やすわ…!

パパに「素敵なチョコをいただいたのでモエパや!モエパ!」と張り切って伝えたところ、

 「いや、落ち着いて。まだ(コロナで)飲んでる場合じゃないから」

と軽くたしなめられました。
あ、そうね。コロナだったわね。


快気祝いの際は、ワインに合う甘いものを新しく買い直すといたしましょう。
早く娘さんの怪我治らないかなー。
(そしてコロナ落ち着かないかなー。)



  娘さんが救急車で運ばれた話 ~その1.A病院に救急受診



昨日の続きです。
A病院では消毒と簡単な手当を受け、
「まあ、(簡単に手当てされたところは)擦過傷だからそんなものよね~」と思いつつ帰宅。
多分ね、これね、先生も(怪我に慣れていない母親を)甘く見ていたんだと思うし、
母も(怪我と戦う娘の若さを)甘く見ていたんだと思うわ…。

帰宅後問題になったのが顔じゅうからあふれ出る浸出液…!
もう顔じゅうダラダラでべとべとっすわ。(せんせー、何の指示もありませんでしたが、これどーすりゃいーのー?!)
おまけに病院で塗ってもらった麻酔薬的なものの効果が切れて、娘がべとべとの顔をしながら「ママ、イタイ」とのたまう…。


 そりゃ痛いよねー(T△T)


お気の毒にー。
カロナールも処方されていたので、とりあえず飲ませる。
でも痛いしべとべとだし、「眠れない~」と娘。
娘が顔(特に傷の深い部分)を触らないか、不快感から新たな傷を増やさないか、気が気でない母は娘のベッドで添い寝をしつつほぼ徹夜で娘さんの様子を見守っておりました。

ていうか、若さってすごいわ。
浸出液の量がパねぇわ!

夜中に何度か「(顔がべたべたで)気持ち悪い~」と起きる娘にティッシュを手渡し、
「眠れない~」という娘をなだめすかし、何とか翌日まで持ちこたえました。



そして翌日、
再びA病院を受診。
救急で予約を取っていたので待ち時間はそんなにありませんでした。
(お会計は混雑しまくりでしたwww)

「液がすごいね~」とDr.(笑)
そーなんすわ。タイヘンだったんすわ。


 ・擦過傷⇒ゲンタマイシンを塗って手当
 ・挫滅創⇒同上。ただし浸出液がすごいのでガーゼを当てる。
 ・鼻骨骨折⇒へこみを持ち上げる簡単な手術をするか、、、
    気にならないようなら手術をしなくても、、、
    腫れが引いた後に検討しましょう。



「骨折があるので形成のある病院が良いと思います。このままA病院にかかりますか?」と聞いていただいたのですが、
これしきの怪我で大きな病院のお世話になるのも気が引けたので、

「問題ないようであれば傷と傷跡も診てもらえる形成外科Bクリニック(きずときずあとのクリニックです~)に紹介していただけると…」とお願いしました。
Dr.も「そんな病院あるんだ。いいですね!」とのこと。



そんなわけでA病院を無事卒病。
Bクリニックに移ることになりました。(続く…)





【おまけ】
日曜日の救急って戦場なのでは?!と思っていたのですが、
娘さんが掛かったときは「娘貸し切り状態」でした。
CTも即撮れた。全然待たない。
娘が救急窓口を1枠いただくことで、他の必要な方に手が回らなかったらどうしようか…と小心者の私はビクビクしていたのですが、杞憂でございました。不幸中の幸い。

(昔私が急性虫垂炎で聖路加の救急にかかったときはかなり騒がしかったので、そういうイメージがありまして…。A病院の救急は非常に広くてキレイでした。)

娘さんが救急車で運ばれた話 ~その1.A病院に救急受診

カテゴリ:
はーい、ゆっこです。
今週末は、まるで「夏休みの最後日」の様
つまりは親子で宿題のつじつま合わせに必死でございます。

 「まあ、テキトーでいいんじゃない?」

と娘。
母もそう思うんだけどね、一応形だけでも整えてみない?
…ということで、母らしく娘に張り付きで宿題のつじつま合わせに奔走~。


娘さんが真面目に(2週間前の課題である)国語のプリントに取り組んでいるので、
母は真面目な顔をして(娘さんからPCの画面が見えないことをいいことに)趣味のブログなど書いてみようと思いますよー。



  娘さんが救急車で運ばれた話…の前に「キズパワーパッド」が有能な件について



でちょこっと書きましたが、我が家の娘さん、お怪我をしました。


  ***********************
   現在の娘さん

   本当にすこぶる元気です(ご心配なく)


   怪我の状況

   庭でキックボードで遊んでいて顔面から着地


   顔面及び身体に擦過傷
   鼻根部挫滅創
   鼻骨骨折(★軽度)
  ***********************


怪我をしてすぐに(親のところに)走って戻ってきたときには、
顔を両手で覆っていたのでどういう怪我かわからず。
手をどけてみると顔じゅう血だらけだったので歯でも折れたのかと思ってびっくりしました。
(鼻血でした)

血が出ているくらいなら別に(顔でも)気にしなかったのですが、
鼻の下が深々とずる剥けていたので「これは病院や!」とすぐさま病院の窓口へ電話。
休日診療している病院はどこや?!とその場でググって即telです。



繋がらない。
全然つながらない。

日曜日だから?コロナだから?
コロナだから???

母混乱。ちなみに父は立ち眩みでへたれこんでおりました。(マジかい)

どう頑張っても電話がつながる気がしなかったので救急に電話しました。
娘は「救急車はイヤだ」と言い張っていたのですが、
(他に必要な人が救急車に乗れないのもイヤだし、単に目立つのもイヤだった模様)
致し方なし!

「119」にはすぐに繋がりました。
その後折り返し救急車の方から電話があり、
「怪我の状況」「病院の窓口に電話がつながらないので119に掛けたこと」などを説明。
救急隊員の方は優しく「分かりました」「大丈夫です」「救急車を呼んでくれて良かったです」などと言ってくれました。(頭が下がります…。ありがとうございました…。)


で、そこから、


今度は受け入れ病院がなかなか見つからないw
救急隊員の方が娘を気遣って形成外科の救急受け入れ病院を探してくれていたためでもあるのですが(本当にありがとうございました)、某病院には電話すら繋がらず(聖路加です~)、某病院からは折り返しの電話すらなく(形成のDr.に問い合わせてくれていたっぽい。順天堂です)、「これ、救急車呼んでなかったら自力で病院に…なんて掛かれなかったのでは?!」と思わずにはいられませんでした。

 ちなみに「コロナ」は関係なし
  ⇒コロナ疑いの場合は受け入れ先が決まっているそうです
  (マンパワー的な部分では影響あるかも)

 命にかかわるような場合はすぐに運んでもらえるらしい

いろいろ安心。



今LINEを確認すると、
夫「病院決まりそう?」16:51
  17:29「A病院に決まり、今向かってます」妻
40分くらいかかった模様です。




そんなわけでA病院へ~。(慈恵です~)
Dr.の診察とCT画像から以下の怪我の全容が判明。

  ***********************
   顔面及び身体に擦過傷
   鼻根部挫滅創
   鼻骨骨折
  ***********************

あ、鼻が折れてたw
鼻の下は皮膚がばっさりなくなっているので、傷が深いけれど縫うことができないそうです。
皮膚が
盛り上がってくるのを待つみたい。
鼻骨骨折は軽度なので簡単に治せますよ、とのこと。

手当をしていただいて、翌日の診察を予約して帰宅しました。





【お見舞いをいただいちゃった
 20200530001
ブログを見たお友だちから「娘ちゃんは大丈夫~?!」とめちゃめちゃ心配していただいちゃいました。
ご心配をお掛けして本当に申し訳ないです。
大丈夫です。元気ですゆえ~!
20200530002
  20200530003
娘の大好物です。
母もおいしくいただきました。ありがとー!!!

娘さんが救急車で運ばれた話…の前に「キズパワーパッド」が有能な件について

カテゴリ:
「自粛生活」に慣れ切ってしまって、
テレビで街に人が溢れているのを見たり、
過去の映像(ソーシャルディスタンス0キロカロリー)を見たりすると「密デス…!!!」と恐怖を覚えるようになってしまいました。

ぐぬー。
明日から(さらに)銀座も人出が増えそうな予感や…。
慣れな…。



   自分でカフェオレを作ってみたら
   思った以上においしくできた件
   20200524001
  インスタントコーヒーで作ったのに侮れない味だわ。



週末はいつもお友だちとお散歩をしていたのですが、
今日は娘さんがお怪我につき、家でお留守番です。
実は先週末、怪我をして救急のお世話になりまして…。


 現在の娘さん

   元気(ご心配なく~)


 怪我の状況

   庭でキックボードで遊んでいて顔面から着地


   顔面及び身体に擦過傷
   鼻根部挫滅創
   鼻骨骨折(★軽度)



鼻骨骨折については治す(=手術になります)かどうか考え中~
何せ軽度なうえ、娘さんが気にされておらぬので…。

「治す」となると全身麻酔での手術+3週間の金属板固定が必要らしく、
娘さん的に「学校が始まるのに鼻を固定して出かけるのはイヤ」なのだとか。
母的には全身麻酔がイヤや。

軽度の骨折なので見た目的には「え?折れてるの?」程度。(でも折れてる)
実はこの1週間に3人のDr.にみてもらったのだけれど、

 A医師:まあ、本人が気にならないのであれば良いのでは?
 (救急の形成外科医)

 B医師:1ミリ2ミリの骨折でも鼻の印象は変わるので専門医受診を!
 (美容系クリニック?の医師)

 C医師:治したければ簡単ですけども、気にしないのであればそれはそれでも…。
  ただ、手術するなら骨が固まる前にご決断下さい。←今ココ
 (B医師に紹介された大学病院の形成外科医)


おなごの子だし、
今は平気でも高校生くらいになって「鼻がイヤ」とか言い出されても困るし、
迷うな~。
次の受診は水曜日です。
それまでに決めなきゃ…。




【そんなことよりキズパワーパッドがすごかった件!】
20200524002
B医師におススメされたキズパワーパッド。かなりすごかった!
血だらけだった娘さんの顔面が見事復活しております。

…もしかして「道具」ではなく「若さ」のなせるわざ???

↑の純正(?)キズパワーパッドはちょっと厚めで顔(曲面が多い)には使いにくかったので、マツキヨブランドの「ハイドロコイドパッド(薄型)」を追加購入。
 20200524003
鼻とか頬にはこちらの方が貼りやすかったです。
安いし枚数も多いし最高や!


ちなみに娘さんが1番気にされているのは鼻骨骨折ではなく鼻根部挫滅創です。
CT画像で見ないと
折れているのかどうかが分からない鼻よりも、ぱっと見重症な傷の方が気になるみたい。(母的にも1番ココが気になっております。Dr.いわくキレイに治るそうです。)

このページのトップヘ

見出し画像
×