タグ

タグ:ロレアル

ロレアル パリ史上初のクッションファンデ♪◇ロレアル パリ「ルーセントマジック クッションルミエール」

カテゴリ:
日本ロレアル様に商品をいただき、モニターに参加しています。

blogを見てくれている友人によく聞かれるのが、
「で、どの化粧品がオススメ?」ということ。
その答えがこちらです。


  去年からドハマリ中!
  クッションファンデーションはお試しの価値アリ!



私、ホント好きなんです、コレ。
自宅用はもちろん、ジムバッグにも常備しています。

このたび高コスパコスメ「ロレアル パリ」からもクッションファンデーションが発売されたそうですよ。

ロレアル パリ ルーセントマジック クッションルミエール
2015092901-thumbnail2
全2色 SPF29/PA+++ ファンデーション 2,200YEN+税 ケース 1,000YEN+税


これは安い!けれどパフォーマンスが素晴らしい…!
クッションファンデーション未経験の方も試しやすいのではないかと思います。


  2015092902.jpg

  2015092903.jpg

ケースにレフィルをはめ込む方式です。(だいたいコレです)
パフはレフィルに付属されているので、レフィルを取り換えるたびに新しいパフを使用できます。


ちなみにパッケージはこんな感じ
2015092905.jpg
参考までに載せてみる


お色は「N3 ヌードミラクル」。
普段標準色を使用している私にぴったりの色味♪

しっかりとしたクッションスポンジ
2015092904.jpg
リキッドがたっぷり染み込んでいます


クッションファンデーションは基本的にノーテクです。
パフにポンポンとって⇒肌にポンポンのせるだけ!

  2015092906.jpg

リキッドファンデーションが苦手な人にも良いかも~。
しかも、パウダーファンデーションよりも簡単に肌に馴染ませることができます。


超手軽に立体感のある肌に仕上がります
2015092907.jpg
リキッドにはパール成分が配合されているので、
光を味方につけてうまい具合に(!)イイ感じに見せてくれますよ~。


これ1つでもO.K.!
しっかり見せたいならリキッドをポイント使いしてもヨシ!
ファンデーションを肌にのせたときのひんやり感(ひんやりした感じがするんです)もクセになりますよ♪





希少オイルでつくる新次元リップ◇ロレアル パリ「エクストラ オーディナリールージュ」

カテゴリ:
日本ロレアル様に商品をいただき、モニターに参加しています。

8月に発売されたばかりの商品!
ロレアル パリ史上初、エナメルのような輝きを放つオイル イン ルージュ「エクストラ オーディナリールージュ」をいち早くお試しさせていただきました。


屈折度が高いクリアオイルが70%も配合されているので、
大胆な色でも澄んだ色に仕上げてくれるという…!
普段無難な色味で満足されている方は、この辺りから冒険してみるのも良いかもですよ~?
ルージュの色味ひとつでお顔の印象が変わりますから♪


スクリュータイプのキャップです
2015092804.jpg
選ばせていただいたのは
102 ローズフィナーレ
しっとりと紫がかったお色かと思いきや、しっかりピンク!


2015092805.jpg
チップタイプで唇にのせやすいですよ~


発色はかなりのもの!
2015092806.jpg
のせる量で、ルージュのように落ち着いた感じにも、
グロスのように艶やかな感じにも、お好みに合わせて仕上げられます。


実は3日連続パーリーしていたわたくしw
2015092807.jpg
華やかな色のルージュは華やかな席によく合います♪
(と言いながら、普段も付けるけどね。)
(お気に入りのルージュを塗ると気分が上がる!)



非常に残念なお知らせですが…、
この季節(特に今から数か月間)は毎年唇がガッサガサに乾燥するので、リップは念入りに選ばなくてはならないわたくしでございます…。

 唇の縦線?
 若く見える感じに?

そんな贅沢言ってられないの!
とにかく「塗れる」か「塗れないか」、この2択!

唇の皮って、どうしてこんなに自由にむけて行くのかしら…。
謎だわ…。そんな秋の始まり。
当然夏に使っていたアレやコレやが次々に使えなくなっていくワケなのですが、「エクストラ オーディナリールージュ」はその点非常にツカエます。
そう、端的に言うなら「荒れた唇にも塗れる」!

ささくれた唇の救世主的働きをしてくれます。
ぶらぼー!
やっぱりオイルが配合されているのが良いのかしら?


注意点としては、しっかりめに塗ると(当然ながら)色落ちするので(グラスとかカップとかね)、リップの色落ち防止アイテムを足すか、リップの量を調整するか、ちょっと工夫が必要です。



このページのトップヘ

見出し画像
×