タグ

タグ:ファンデーション

コスパ最上級! ~ロレアルパリ「ファンデーション&ルージュ」

カテゴリ:
こちらはロレアルパリのメイク編です~

ファンデーションは(こちらも)久々!
ルージュに関しては新しくなり過ぎていて「あなたはどなたですか?」状態でございました。
ちゃんと流行りにのっていかないと浦島太郎になっちゃう予感です。

 インファリブル ステイフレッシュファンデーション
 201907184 2,000YEN
さらに進化を遂げたメイベリンニューヨークのリキッドファンデーション。
全6色展開なので、自分に合う色を見つけるも良し!
ベースメイクに立体感を出すために使うも良し!

普段化粧品を買うのはデパートが主なので「ドラッグストアのコスメって使ってるの?」とご近所さんから指摘されたことがありますが、
普通に良いものはデパコスだろうがドラッグストアのコスメだろうが私は使います…!
デパコスが良いのはある種「当たり前」ですが、ドラッグストアにはそれ以上に便利でコスパの良いアイテムがたくさんあるのよ~!
メイベリンニューヨークも例にもれず、手にしやすい便利な高コスパ化粧品だと思います。

今回の製品の特長は
 ・軽い付け心地
 ・通気性抜群
 ・1日中さらりとした使い心地
となっておりますが、
個人的には伸びの良いテクスチャーと肌馴染みがイチオシです。

 201907185
 SPF25/PA+++
もちろん下に日焼け止めを塗りますが(ワタシ、紫外線コワイ…。)SPF/PAはこれくらいは欲しい!
201907186
ワンプッシュで顔全体がカバーできます。
気になる部分は重ねて~というのがセオリーかもしれませんが、
うまく重ねていくのもある程度時間がかかるので(←いろいろヘタクソな私)、
私はマット系のファンデーションを頬の高い位置~頬の広い面積をカバーするくらいに広げちゃいます。
すると、なんということでしょう!
全然時間をかけない割に「ちゃんとベースメイクをした顔」になってくれる不思議笑。
こまごまとしたところを隠したくなるのも人情かと思いますが、デイリーメイクはこれくらいの”遊び”があった方がナチュラルに見えてよろしいのではないかと。


 ルージュシグネチャー
 201907187 1,800YEN
こちらは2019年上半期新作ベストコスメ受賞アイテムです。
ティントリップが気になるけれどなかなか選びきれない方は、まずはこの辺りから試してみても良いかも。
送っていただいたお色は「124」。
”万能美人カラーサーモンピンク”だそうですよ笑
実際、オンにもオフにも活用できる色味なので使い勝手は良いと思います。

201907188
唇の形にぴったりフィットするフェザー型アプリケーター。
毛足が長いのとしっかりとした弾力があるお陰で、上唇も下唇も非常に塗りやすい!慣れていない方でも手軽に扱えると思います。
まんべんなく、思い通りに塗ることができるのでかなり気持ちがいい!


@cosmeにも書きましたが、フルーティーフローラルの香りはこの「124」番のイメージにぴったりだと思います。バニラやホワイトムスクなども香る、けっこう甘めの香り。

201907189

この日はオールメイベリンニューヨークで♪
仕事前なのでルージュの色は抑えめにしておりますが、調整次第で華やかにも仕上げられます。
発色がすごく良いので使いこなせると本当に便利!

マット系のルージュにも関わらず、ほのかに透け感があるのは「ライトフィルム処方」によるもの。
唇に伸ばすと揮発性のオイルと水が蒸散する仕組みになっているので、従来のリップよりもかなり薄いフィルム状になるそう。
唇にピタリと密着するような使用感はけっこうクセになりますよ。

そして、密着度の高いルージュはやはりお食事のときにはすごくイイ!
「ワイングラスにべったりリップ」はお連れ様どころか自分自身のテンションもガッツリ下がってしまうので、発色がいいけれど色移りしないリップは大人のマストアイテムだと思います。


ゴールドを纏う肌へ ~ゲランベースメイクセミナー

カテゴリ:
ゲランベースメイクセミナーにご招待いただきました。

日々のベースメイクのお悩み解消。
さらにはワンランク上の肌へ。
お招きいただいたのは新しくなったゲランのトレーニングルーム。
 201810221
201810222
これまでゲランはフレグランスの使用経験しかありませんでした。今回はベースメイクをご紹介いただけるとのこと、かなりわくわくしながらお邪魔しました
しかも、本日の主役は「パリュール ゴールド フルイド」
乾燥やくすみをカバーしてくれるだけでなく、エイジングケアまでかなえてくれる憧れのアイテムです。
 201810223
   201810224
セミナーが始まる前に同じテーブルの方々と一緒にゲランの方とベースメイクについてお話をさせていただきました。みなさんパウダーよりもフルイド(リキッド)派、そして「季節に合わせてファンデーションを使い分ける」というよりも「肌やシーンに合わせてファンデーションを使い分ける」派でした。
みんなでわいわいこういう話をする機会もあまりないのですごく興味深かった…!
 201810226
さあ、ゲラン ジュエリーメイクセミナーの幕開けです。
 201810227
今回ご紹介いただいたのはゲランのジュエリーメイク
「下地」に当たる ロール エッセンス エクラ
「ファンデーション」 パリュール ゴールド フルイド

「パリュール ゴールド フルイド」はもちろん知っていましたが、ロール エッセンス エクラ」を間近で見るのは実は初めて…。24金…すごい…!
 201810228
(こういうワインあるよね~とうっとり。確実にみなさまとは別の次元で1人テンションを上げるわたくし)
(メースメイクセミナーなので目の前が鏡でして…。映り込んで申し訳なし…!)
201810229
手に取ってももちろん24金がキラキラ~!
なのに肌に伸ばすとすっと溶け込むんです。不思議…!

肌になじませると少し艶がかった仕上がりになりますが、これはジェルの中に溶けたゴールドが光を反射してくれるからなのだそうです。上質な艶感。
しかもこんなにゴージャスなのに狙いは非常にシンプル。いかにファンデーションが美しくのるか、キレイなまま持続するか、ということに特化しているとのこと。贅沢極まりないわ~。
 201810225
ベースメイクの下地を作った後は「パリュール ゴールド フルイド」
ここからがすごいよ~。
ちょっと語るよ~。
2018102210
 ・メイク崩れ
 ・メイク直し
 ・シミ隠し
 ・シワ隠し
さて、みなさまのベースメイクのお悩みは?
ベースメイクのコツをゲランのプロ(※メイクアップスペシャリストさん)に教えていただいたところ、その答えはいたってシンプルでございました。

 ◆いかに少ない量をどこに塗るか
 ◆頬の三角ゾーンがベースメイクの仕上がりを9割決める


以上!
え?これだけでいいの~?!
でも「これだけ」だからこそ、案外できてない方が多いのではないかしら?(私も含め)

実際に目の前でプロによるベースメイクパフォーマンスも。
 2018102211
ファンデーションを重ね付けしていいのは頬骨辺りから引いた頬の三角ゾーンだけ。
ここは内側から外側に向けてしっかりとファンデーションをなじませます。
特に初心者はパフを使うのが良いらしい。(キレイに仕上げられるらしい)
この三角ゾーンがきまるとベースメイクがきまるといっても過言ではありません。

ついつい厚塗りしたくなる目の下(クマ、くすみ)やシワが目立つ部分(目尻など)は敢えて塗らない…!
頬の三角ゾーンがレフ版の役割を果たしてくれるので、ファンデーションを重ねるのではなくハイライトで飛ばすのが正解なのだそうです。目からウロコ…!!!
コンシラーももちろん不要。
重ねるからメイクが崩れるのであって、崩れるからメイク直しが必要になるわけです。
要は必要以上に塗らなければイイ!
余分にファンデーションをのせない分、肌に艶感が出ますし、肌をキレイに見せてくれます。

目からウロコ…!!!

 2018102212
鼻回りなどは「ファンデーションを塗る」というよりも、「スポンジに残ったファンデーションの残りを薄く~」という程度。
本当に「量」は必要ありません。
必要なのは「コツ」だったんです。

肌色をキレイに見せてくれる「パリュール ゴールド フルイド」ならではの艶感とフィット感。
 2018102213
「気持ちがいい」「触ってほしい」肌に仕上がるのが最大の魅力かもしれません。
セミナーでは各々がその場でベースメイクの実践も行いました。
モデリング→リハーサル効果で実際にベースメイクのテクニックが身に付いたのではないかしら。
とにかく、大満足のセミナーでした。

 2018102215

気になる方はぜひカウンターへ!
今ならサンプルがいただけますし、メイクはやはりプロ(BAさん)に教えていただくのが1番だと思います。(コスメカウンター大好きです!)
 サンプルクーポンはこちら
 ※数量限定です
「パリュール ゴールド フルイド」を試したい方もチャンス!

10月21日発売!多機能ファンデーション 資生堂「マジョリカ マジョルカ ミルキースキンリメイカー」

カテゴリ:
資生堂様に商品をいただき、現品モニターに参加しています。

10月21日に発売される新商品を、
発売に先駆けてモニターさせていただきました♪

  マジョリカ マジョルカ ミルキースキンリメイカー
  201710200001
     全2色 1,700YEN+税

お手頃価格なのにかなりツカエル化粧品、マジョマジョの新商品とあってかなりわくわくなわたくし。
やはり新製品って気分を上げてくれますよね!
化粧品のパッケージを開く瞬間とか、すごく好き…!

ふんわり明るい、ミルキー肌を作ってくれるファンデーション。
開くとまずはふわふわのスポンジ。
  201710200002

「ミルキースキンリメイカー」の特徴は何といってもこのジェル状ファンデション!
なかなか珍しくないですか?
  201710200003
ちょっとやそっとじゃ割れないので、持ち運びにもちょうどいいです。

1品5役の多機能ファンデーションなので(ファンデーション・化粧下地・UVカット・おしろい効果・うるおいヴェール)これ1つでベースが完成します。
  201710200004
まずは顔全体に滑らせるように広げていき⇒気になる部分にポンポンと重ね付けするだけ!
リキッドとパウダーのいいとこどりをしたような、潤い+表面のサラサラ感をこれ1つで完成させることができます。
体温でジェルが溶けて肌に馴染んでいくので、「とろける生感ファンデ」がノーテクで体感できますよ♪

  カバー力も良い感じにあります
  201710200005
  血管が透ける腕にのせてみると

  自然な透明感の出る透き通った感じに
  201710200006
普段は顔しかカバーしないので、たまに手の甲や腕にファンデーションを塗ると「あれ?私の手(の甲や腕)、かなりキレイでない?!」とどきどき(わくわく)しちゃいます。
厚塗り感なくカラーコントロールできるのも魅力!


普段リキッド派の私は、何気に(多機能な部分よりも)
 手を洗う必要がない=かなりの時短
に心を動かされました…!

重ね付けするのは気にならないの~。
都度都度手を洗うのが面倒なの~。


体温で肌に馴染むせいか、化粧崩れも感じないので、
私のようにモノグサな方や化粧直しが苦手な方にも良いと思います♪



完璧を超える理想の仕上がり!クリニーク「ビヨンド パーフェクティング パウダー ファンデーション 30」

カテゴリ:
クリニーク様に商品をいただき、モニターに参加しています。

最近めっきり使わなくなってしまったパウダーファンデーション。
30を超えたくらいから、パウダーだと粉っぽくなってしまう気がしてしまって…。(実際そうだと思われる)

なので久々にパウダーファンデーションを使ってみて、その仕上がりにちょっとビックリしたね。
私の肌、まだ捨てたものじゃないかもしれない…!ってね。


ビヨンドパーフェクティング パウダーファンデーション 30
2016092102
リフィル(スポンジ付)4,800YEN+税 コンパクト1,200YEN+税
全6色 SPF30/PA+++

クリニークのファンデーションはリキッドタイプ、クリームタイプを使用したことがありますが、パウダーは初めてです。
無駄のないケースデザイン。スタイリッシュだね。
2016092103
マグネットで閉まるタイプなので無駄な凹凸もなし。シンプルって素敵!


これ1つで素肌っぽい仕上がり、セミマットのしっかりとした仕上がりが思いのまま。
それだけでなく、コンシラーとしても使用できます。

秘密はこの”パーフェクトマジックスポンジ”。
スポンジタッチ面はふんわりとした感触で、その感触のまま、肌にふんわりファンデーションをのせてくれます。
   2016092104
      ナチュラルで素肌っぽい仕上がりに。
      それでいて、肌の色ムラなどはしっかり補正してくれます。

気になる部分にはスポンジの角にちょこっとファンデーションをつけて重ね塗り。
コンシラー効果で隠したい部分はしっかり隠してもらえるのに同じファンデを(コンシラーとして)重ねるから?全然重ねてぬっているように見えないの。

こちらはベルベット面。とにかく密度が濃い~スポンジ面です。
   2016092105
先程のスポンジ面とは違い、セミマットのしっかりとした仕上がりに。
肌にしっかりとフィットしてくれるので、簡単にキレイ肌に仕上がります。

2016092106

いや~、最近ナチュラル系の仕上がりばかりでしたからね。
セミマットな仕上がりは非常に久しぶり…!
ベースメークの印象が変わるとメイク後の顔の印象ががらりと変わるね。


もちろん粉っぽくもなりませんし、
崩れも気になりません。
しっかりカバーできるのに崩れない、これ最高!

日常使いからフォーマルな場面まで、様々なシーンで活躍してくれています。



MAQUIAでグランプリ受賞した実力派…!フローフシ「エリアファンディ」

カテゴリ:
フローフシのキャンペーンに参加中 [PR]

クマ、くすみ、うまくファンデがのらない…、
そんな残念な私的に朗報…!!!


   フローフシ エリアファンディ
   20160718001

フローフシといえば「モテマスカラ」ではない?
マツ育とかしちゃうんじゃない?

そんなフローフシから、こんなHIT商品が出ていたのだよ。(ご紹介いただくまで知らなかったのだよ…。)


このページのトップヘ

見出し画像
×