タグ

タグ:バカルディ

バカルディの簡単カクテルをタメしました♪

カテゴリ:
新商品や話題の商品がモラえるタメせる「モラタメ.net」
  ↑↑↑↑↑
 バカルディ クラシック カクテルズ ラズベリー モヒート×2本
 エリストフ レッド×2本
 計4本が1,400YEN+税で試せます♪(現在進行形)



そんなワケでポチりました。
バカルディは好きなんだ~。

基本甘いドリンクは苦手なのだけど、バカルディならO.K.だよ~♪
 2018051501
…という心意気で買ったけど、思ったよりも甘くなかった。
呑兵衛にも最適でございます

よく一緒に飲んでるお友だちはみんなワイン派なので、リキュールの出番はあまりないのだけど、これは〆の「かき氷」にも良いかもしれん。色もキレイだしね。
 2018051502
「クラシック カクテルズ ラズベリー モヒート」といい、間違いなくオシャレな(大人の)かき氷ができるよね♪さっそく週末にでもお友だちの家に持って行きましょぃ!



【おまけ】今朝は娘の髪の毛を巻いておりました
 2018051503
娘が「巻いて~」というので、母はうっかり6時起きだわよ。
これだけクリクリに巻いて行っても、先生からの注意はないらしい。(と本人は言っております)

時代の違いを感じるわ…。

バカルディパーティー♪ ~side Tokyo

カテゴリ:
娘が愛媛で夏休みを満喫している間、
東京ではママ&パパがレッツ・パーリー!で楽しんでいたっぽい。


妻が起床したとき(※遅い)からキッチンで何やら作業をしていた夫(※めさ早起き!)
2016072503
手前の豆苗は最近彼が育て始めたものです。
この1日でめっちゃ育ったよね…?!

どうやら、昼から来るお客様のためにビシソワーズを作っていたらしいわよ。
枝豆は長野の畑で採れたものでございます。
はい。
素材の味から負けないゼ…!(おあがりよ!)


出来上がった品がこちら
2016072504
週末は「我が家 de バカルディ―パーリー」だったので、とりあえずバカルディとともに…。

この日のお客様は夫の会社の後輩さんたちだったのですけども(※我が家の常連様方)
おいしい手料理とおいしいお酒に酔いしれて、妻はご近所さんを呼んでしまったね。思わずね。
楽しい時間はみんなで過ごさなければ…!!!!


…と、そんなことはさておき昼ご飯よ。
2016072505
妻のリクエストで、お昼はカッペリーニ、夜はたらこパスタでございました。
何時間飲んでんだよ…!と突っ込みたくなる、そんな幸せな週末…。

(あ、たらスパの写真がない…。)
(ていうか、何気に最後に夫が作った「麺職人」がかなりウケてた!)
(万歳!インスタント…!!!)


本日の主役、「バカルディ」なみなさま
2016072507


時間が経つと必然的にこうなる…。
2016072508

ちなみに、手前の瓶が旧デザインで①、奥の瓶がホワイトラムの原液(空)②ザマス。
2016072509
うーん、よく飲んだわ。
週末ダモノ。



途中ポコポコ空いていた泡のボトル(ワイン)をチェイサーにしながら~。
当然、遅れて来られた同じマンションの友達も最初は「バカルディの刑」から執行されていたザマス。



最終的には潰れてしまった「彼女」(夫の後輩。和室で寝てイル)に「彼」(夫の後輩)がどういうシチュエーションでプロポーズをするか、という話で盛り上がりました。
ヒトの人生を決めるトンデモナイオハナシダヨ…!!!(でも超本気よ!)

普段やる気のない(?)「彼」がやる気満々で超楽しかった
20160725010
そんな素敵な週末でした♪
(※グラスの泡はチェイサーです)



「食テロ」…の前に、深夜のバカルディだぜ!

カテゴリ:
新商品や話題の商品がモラえるタメせる「モラタメ.net」 

3月にお邪魔した「ラムハイ会議」でバカルディのボトルデザインが変わるんだよ~というお話を一足早く聞いていたゆっこです。(そして新しいボトルをお土産でいただきました

  カクテルボトルもデザインが変わったのね~
  2016052305
      大好きなので3種類、計24本もまとめて買っちゃいました♪

今日は「ダイキリ フィズ」。こう見えてアルコール度数は6%ですぜ。
これを高いと見るか、低いと見るか…。(ソレハアナタ次第…。)

ちなみに1番好きなのは、ベタに「モヒート」かと思いきや、去年から「ピニャコラーダ フィズ」にはまりまくりです。
(先日のマンション内のパーティーに持って行ったので、今日は冷蔵庫になかったのよ~)
ココナッツ…どちらかといえば得意ではないのに(むしろキライ)、「ピニャコラーダ フィズ」だとウキウキ飲めちゃうのはなぜだろう…。ほんとオススメです♪

24本も調子にのって買っちゃったので、しばらく手土産はバカルディのカクテルになる予感よ。
一緒に飲みたい方は遠慮なく挙手をお願いします



さーて、明日は超久々に「サンプル百貨店」のRSPに参加しますわよ~。(自転車通勤よ~)
約1年ぶりの参加?
参加後の商品アンケートに答える時間がなくて、ここ1年くらい華麗にスルーしていたのですけども、しばらく離れていると恋しくなっちゃった系です。
最近のRSPはどんな感じなんだろうな~。気分は若干「浦島太郎」系でございます。
(参加されるみなさま、どうぞよろしくお願いします。)


と言ってるうちに「ダイキリ フィズ」終了のお知らせ~。
次は「モヒート」行ってきます!

今から食べ物系の記事を1つ書いちゃおうと思うのだけど(携帯写真、ブログに書くまで消したくないのよね~。でも消さないと写真フォルダをチェックするたびに目に入って⇒お腹が空くのよね~)写真を見ると飲みたくなる&食べたくなるので、バカルディの力を借りて

  夜食、ダメ、絶対!

をしたいと思います。
バカルディはいいのよ~。2本だけだしさ~。(…ん?言い訳になってる???)




ではみなさま、明日も良い1日を

日本発祥のカクテルを楽しもう♪「ラムハイ会議」に参加!

カテゴリ:
サッポロビール株式会社主催ブロガーイベントにご招待いただきました

さあ、新しい時代がくるわよ~。

   2016030506
   ヤバイ!これ、ヤバイほど飲みやすかった

世界No.1ラムを使った新定番ハイボール、その名も「ラムハイ」。
スッキリした味わいですごく気分の上がるドリンクです!

こちら、「ラムハイ会議」の会場
クイーン オブ チキンズ GUEST HOUSE
2016030501
ラムハイ担当者の方から誕生ストーリーやこだわりっぷりをお聞きしました。
ラムハイを飲みながら…!

うん、あのね。飲んだね。
お話を聞きつつ、ずっと飲んでたね。飲んでて良いって言ってもらえたからね。
サッポロビールさん、ありがとー!!!

ラムと炭酸水とレモンなので、本当に驚くほどさっぱりとした味わいなのよ。雑味がない!
普段炭酸水をがぶ飲みする私としては、「ん?本当にお酒?」というほどのさっぱりっぷり!(←?)
でも(氷で薄められていたとしても)アルコール濃度がジョッキ1杯/7~8パーセントらしいから油断は禁物よ?
私は油断したけどねー!!!(酔ったわ~♪)


  お通しのバーニャカウダ
  2016030504
  なんとこちら、食べ放題!お替りし放題らしい。スゴイ!

なんの料理に合う?ということでイロイロなお料理をご提案いただきました。

2016030503

2016030508

2016030507

…が、すみません、何にでも合うよ?と思った私は非★グルメ?!
マリアージュ?え?どなたとゲットマリードしたらよろしいの?ソウジャナイの?

だってさ、レモンが効いたラム風味の炭酸水なんですよ?(※違います)
そりゃ合うさ。フレンチでもイタリアンでも合うさ。普通に合うさ。

お肉にもさっぱり合っていいけども、バーニャカウダと合わせても何杯でもいけちゃう
ラムハイのターゲットになっている層が女性よりも男性寄りなのでジョッキですが、ワイングラスに注いでもらうと女性陣の方がどんどん飲むと思うの。そんなお味でした。

私は(ご存知)ビールも好き派(主にワイン党)ですけども、ビールってそんな短時間にがぶがぶ飲めないのですよ。もうトシですゆえ…。
でも、ラムハイはお腹にどっしりこないので全然いける!文字通り何杯でも飲んだ。
ぐふふふふ、この回転率、ヤバいね。

2016030505


お土産に新しいラベル(※数か月後にはこのラベルに変更されます)のバカルディをいただきました。
   2016030502
   グラスももらっちゃったよ。うふふ。

これで自宅でもラムハイ飲み放題だわ♪
美味しいラムハイを作るためには、

 ジョッキを冷やす⇒山盛りの氷⇒バカルディ「1」⇒ソーダ「4」の割合で注ぎ
 ⇒レモン1/8個を絞ってジョッキに投入⇒炭酸が抜けないようタテに1度ステア


だそうです。
ラムを冷凍庫に入れておいてもいいらしいよ。(凍らないうえ、冷たくなるし)

…と、そんなウンチクを語る前に、帰宅後夫にバカルディをプレゼントしたら一瞬で冷凍庫行きになりましたけども…。(夫@ラム好き)
4月5日にはラムハイ「缶」が発売されるそうです。これはウキウキお友だちにも広めないとね。
そのときにはきっと冷凍庫のバカルディは跡形もなくなっているだろうからね。

楽しみがまたひとつ増えました♪





お店情報

新橋 クイーン オブ チキンズ GUEST HOUSE
新橋 クイーン オブ チキンズ GUEST HOUSE
ジャンル:合コン☆ワイン☆貸切
アクセス:JR新橋駅 烏森口 徒歩3分
住所:〒105-0004 東京都港区新橋3-8-8 リバティ8 2F(地図
姉妹店:QUEEN OF CHICKENS 新橋本店QUEEN OF CHICKENS 恵比寿店
プラン予約:新橋 クイーン オブ チキンズ GUEST HOUSEのプラン一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 新橋×居酒屋
情報掲載日:2016年3月5日

このページのトップヘ

見出し画像
×