カテゴリ:
うちの職場ではコロナ第二波にどう備えるか、が話題となっております。
どうも、ゆっこです。

昨日の仕事は例えるなら「マラソン」でした。
途中で若干ランナーズハイになり、短距離組に「あいつ、大丈夫か?」的な目で見られておりました。
職場からは「そんなに頑張らないでね」と言われているにも関わらず、
勝手に「自分の壁を破ってみたい…!」とエンジンかけて走りぬきました。

 お陰で今日は抜け殻です。

あー、しんど。
何せ他では全く役に立たない人間なんでね。
辛うじて役に立つ場面でくらいは頑張りたいのだよね。




   4月末の出勤風景
   2020051301
雨の銀座。面白いほど人がいない。
建物はそのままなのに映画のセットの中に迷い込んだような気分でした。

2020051302
   2020051303
お店の商品も全て仕舞われておりました。
え、怖っ。
日常生活がどこかにいってしまった気分…。




ガラリと変わる日常生活…
そう、ガラリと…


と、思っていたらば、
さらに2週間後の現在、普通に銀座に人間が増えております。
あれー?どうしたのみんな?!
ちょっと前から電車通勤組も「最近乗車率が上がってるんだよねー」と話されておられましたが、あれれれれー?まだまだ緊急事態宣言中ですよね????


しかも、昨日職場の方がランチから帰ってきて「ちょっとビックリしたんですけど」と話されることには、


 「隣の席に向かい合わせて座っていたおばさん2人組が
  ワインを片手に

  この1か月頑張った私たちに

  って乾杯してたんですよね」



とな。
まだまだ緊急事態宣言中ですよね????
こわー!
(もしかっしてその「おばさん」、片っぽは私じゃなかった???とか思っちゃった私、怖っ!)


普通に「緩み」を感じる。
そんな銀座のお話でございました。