先日、テレビで『Qさま』を見ていましたら、みなさんが楽しそうに漢字検定を受けておりました。

漢字検定…面白そう…!!!!

学生時代は全く興味がなかった漢字検定…、なぜか今になっていきなり興味津々ですよ。
さすが私ですよ。
(テレビの力は偉大ですよ!)



ちなみに、この漢字検定。
テレビ番組を見ていたところ、「1級は特に役に立ちそうもない」(日常生活で見る機会のない漢字が多い)と思われました。
「準1級」は趣味で楽しめそうな(たまに見かけそうな)漢字が多々出題されており、「2級」は読み&書きができないと社会人として困ってしまいそうなレベルでした(高校卒業レベルらしい)。

よし、2級から受けよう…!

ノリで目標設定です。
(ハマっても1級はやめておきます。2級の次は準1級を受け、漢字検定はやめて英検2級→準1級→(やっぱり1級はやめて)TOEIC(もしくはドイツ語検定4級…みたいな流れでゆきたいです。途中で飽きなければ)







で、上記の通りかなりナメ気味だった漢字検定2級でございますが、いざ問題集を開いてみると、読めない漢字がちらほら…。

凌嶺←けっこうショック

高校卒業したはず…、たぶん…。(私の記憶が正しければ…!



直近の漢字検定(来週末)はすでに申込みが締め切られているようなので、次回まで暇時間を有効活用し、久々に勉強をしてみたいと思います


今日読めなかった漢字

 悪いくせを矯める
 意味:正しく直す

 読み:「ためる」