カテゴリ:
食と農に関するセミナー事務局様よりイベントに招待いただきました。


『大人の食育』~食料自給率について考えよう~ 概要
日本の食料事情を見ると、人口増加に伴い世界の食料需給が今後不安定になると予測される中、
日本は食料の多くを輸入に頼っていますが、その一方で耕作放棄地の拡大など農業の生産力が低下しています。
このため、将来にわたって食料の安定供給を確保するためには、
農業の活性化を図り、食料自給率・自給力の維持向上を図ることが課題となっています。
つきましては、農林水産省の事業である「日本の食を広げるプロジェクト」の一環として、
日本の食事情や日本の農業情勢、食料自給率・自給力などについて分かりやすくご理解いただくため、
セミナーを開催することにいたしました。



うん、ちょっと固い。
昼間の余裕がある時間ならばまだしも、
ほろ酔い気分のこんな時間帯は、特に理解に苦しむよね。

  日本語って難しいし。


でも実際のセミナーは夜中に聞いても分かりやすく、
すごく親しみやすい感じでしたのよ。

  20140314001.jpg

日本が世界に誇るTHE☆日本食&日本のお茶をいただきながら、

  20140314005.jpg
  (こちらはトレンダーズさんからのご提供です)

農水省の方のお話を聞く。(食べながら聞くってどうよ?!←嬉し気)

    2014031402.png
    ちなみに、こちらも松本さん、
    「農林水産省大臣官房食料安全保障課
     食料自給率向上対策室室長」であらせられます。
    (肩書を)覚えられないこと間違いなし…!

頭の中がお豆腐状態の私にも分かりやすい資料をご提供いただきました
2014031408.png
子どもと一緒に見てもいいかも♪



日本の食糧自給率の低さと、それを向上させるための重要性について分かりやすくご説明いただきました。
「納豆」「豆腐」と聞くと「日本で作ってるでしょ?」と思っちゃいますが、
実際は大豆の大部分が輸入品!
日本で自給しているのはほんのわずかなのです。

ひゃ~!


松本さんが何度も繰り返しておっしゃっていたことには、
日本の食糧自給率を上げるため、
まず身近なところから、そう、「ご飯を1口多く食べよう!」ということ。

カロリーカット、糖質カット、カロリーコントロール命、メタボは敵!という風潮の中、「ご飯をプラス1口!」というのはかなり斬新でした。
1度聞いたら忘れられないほど、ね。(でしょ?)


レタスクラブ編集長の土屋さんもご登壇
2014031403.png


  参加者を交えたディスカッションでは、
  さまざまな意見が飛び交いました。
  参加者の中には、フード・アクション・ニッポン立ち上げの回から
  参加されている方も!
  20140314004.jpg
  みんなで食糧自給率UP!
  そのためには大人も知恵をつけなければ、ね!


そうそう、お話の中で、
「食育」のためには大人がきちんと知識をつけることの必要性と、
「知識」だけではなく、実際に体験してみる重要性についての話が出ました。

  両方大事だよね。


まずは日常生活の中で無理なくできる
食料自給率向上のための5つのアクション

 ・「旬」のものを選んで食べる
  安く手に入るし、栄養価は高いし、いいこと尽くし!

 ・地元のものを大切に!
  地元の応援は、ひいては国産品の応援に!

 ・ごはんを中心にバランスの良い食事を
  野菜もたっぷり使いましょう!

 ・食べ残しを減らしましょう
  これは本当に大切。

 ・自給率向上を図る取り組みを知って応援しましょう!
 セミナー形式でなくとも、町々村々で様々な取り組みが行われていますよ~!


無理なく家族で取り組めること。
それを日々の生活で活かせること。
そうしていく中で、子どもにもしっかりとこの価値観を身に付けてもらうこと。
こういうことが大人の食育なのだな~ということを学ばせていただきました。


お米っておいしい~!!!
20140314007.jpg
もちろん1粒も残さず!ごちそうさまでした♪